現実も異世界も、艦隊も女子高生も!

ニュース・お知らせ

いか文庫のマンガ通への道  第2回



~いか文庫の2人[店主]と[バイトちゃん]による、おすすめマンガの往復書簡~
 
いか文庫のマンガ通への道 第2回
『漫画家接待ごはん』

毎年秋になると、グルメ漫画や、食にまつわる本を無性に読みたくなるのは私だけ?
「おいしそうな漫画、ごはんにまつわる漫画、食べ物が出てくる漫画…何かないかなぁ?」とコミックウォーカーのサイトを見ていたら、
今まで出会ったことがないタイプの漫画に出会ったんです!
これです、『漫画家接待ごはん』!
 
この物語では主人公の漫画家 濱ケンジが、出版社の編集者さん達に
いろんな食事に接待される様子を描いているのですが…。
食事とはいえ仕事、“接待”なので、
編集者側には
「おいしいご飯をご馳走するからには、良い漫画を描いて欲しい」
「新しい仕事を引き受けて欲しい」という思いがあって、
逆に接待を受ける漫画家には、
「そう簡単には仕事を引き受けないぞ」という意志があったりして、
本っ当においしそうなものを前に、繰り広げられる心理戦も読みどころのひとつなんですよ!
 
良い漫画が生まれる背景には、あらゆるごちそうがテーブルの上に並べられているんだなぁ。
ってことは…、連載をたくさん持っているあの漫画家さんは、
どんなごちそうを食べてきたんだろう…とか、
そんな余計なことまで考えてしまいました!
 
ところで、店主は接待ごはんに連れて行ってもらえるなら、どんなごはんが良いですか?
これを食べさせてくれるなら、どんな仕事でも引き受けるよ!ってごはんがあったら、教えてください!
私はおいしいお寿司がいいなぁ。
だって、イカはもちろん、いろんなネタが食べたいから!
バイトちゃん、読んだよ! 『漫画家接待ごはん』! 
んもーーーとにかく出てくるごはんがどれもこれもリアルでキラキラしていて、そして何よりおいしそうで!! たまりませんなぁ〜〜〜。喉を何度もゴクリと鳴らしちゃったよ。
 
私の、これ出されたら引き受けるしかないでしょ!と言えばやっぱり、大好物の焼きそばかなぁ…。ソース焼きそばに目玉焼き乗ってたら、ノックアウトだなぁ…。
でも、『漫画家接待ごはん』の中からだったら、やっぱり1話目のイカかなぁ…。透明で光り輝く姿を見てるだけなのに、何より「絵」なのに、それはそれは幸せな気持ちになったよ…。
(食べ物のこと考えてると、語尾が必ず「…」になっちゃうね…)
 
それにしてもこの漫画、おいしいものを食べてる登場人物たちの顔がまたいいよね! 「そんな表情して、どんだけおいしいの!?」って思わず突っ込みたくなっちゃうくらい。

イカのお刺身を食べた女性編集者さんが、感激のあまり思わずノーコメントになるシーンあるじゃない? あんな幸せ、私も味わってみたい!
 
でもやっぱりさ、最高の至福を「会社のお金」で味わったからこそ、仕事も頑張らないと! っていうの、不純な動機のように見えて、すごくポジティブだとも思ったよ。
編集者さんとの心理戦から、最終的に「いい漫画を描こう!」って意気込みに変わって、そしてそれが読者にも伝わっていくわけじゃない? そんな風に作られて行く作品だからこそ、お腹いっぱいの読後感を得られるのかなぁと思いました。
 
ごちそうさまでしたー!!
美味しいご飯にほくほく。笑顔も出ます。

イカのお刺身の登場は第1話。毎話いろいろな食べ物で楽しませてくれる。
 

いか文庫 Profile
お店も商店も持たない「エア本屋」。本屋さんと組んでフェアを展開するなど、本に関わる分野で活動する【店主】と【バイトちゃん】2人組。このコラムは、2人の薦め合いで構成。


このページをシェアする

関連作品