KADOKAWAの無料漫画(マンガ)1400作品勢揃い

ニュース・お知らせ

いか文庫のマンガ通への道  第3回



~いか文庫の2人[店主]と[バイトちゃん]による、おすすめマンガの往復書簡~
 
いか文庫のマンガ通への道 第3回
『おれは たーさん』

突然ですが。私が大好きな漫画家さんの一人に、朝倉世界一さんという方がいます。その方の絵は、可愛くって、ゆるくって、ほのぼのとしているから、いつも、癒されるぞーって思ってページを開くんだけどね…
 
今回も裏切られたー!!もちろん、いい意味で!
というのも、そんなゆるかわなのに、躍動感とパワフルさ、そして、スピード感がハンパなかったの!その作品がこれ!『おれはたーさん』です!!
 
主人公の「たーさん」の本名は「ターザン」。あの有名な、ジャングルで育ち、人並み外れた運動神経を持つキャラクターです。その元ターザンが、都会での生活に憧れて森を出て、たーさんとして素敵なシティライフを満喫している、という設定で物語が始まるのだけど…。
まず驚くのは、登場人物のキャラの濃厚なこと!たーさんが個性的なことはもちろん、たーさんが働いているコンサルティング会社のメンバーは、見た目はブタ、猿、カッパだけど、とんでもなく仕事ができる男達だし、ヒロインは超キュート&頭脳明晰なのに、実は脳みそはみ出てるゾンビだったり…。でも読み進めていくうちに、個性的だからこその魅力を、みんなたっぷり持ってるってことがわかってくるんだよね。
 
そしてストーリーはというと、来客数が激減したゴルフ場を復活させるっていうリアリティのある内容かと思いきや、うぉ!そういう流れになるのね!?にはじまり、えぇ!そんな設定初めて見たよ!とか、ついつい突っ込みたくなる奇想天外な展開なので、まぁ〜飽きることなく読めちゃいます。
 
さらに!私の一押しは、上から下から左右から、飛んだり跳ねたり泳いだり走ったり!まるでアクション映画を見ているかのような構図で描かれる絵に、ぐいぐい導かれていくところ!自分も「あ〜ああ〜」って叫びたくなるほど爽快だったよ。
 
ファンタジーなんだけど、ちょっとホロリとくるシーンもあって、ウンウンと共感できるシーンもある、とても気持ちのいいお話なので、ぜひ読んでみてね!
びっくりです!店主!
ターザンの物語と聞いていたから、筋肉ムッキムキの「ターザン」を思い浮かべながら読みはじめたから!
筋肉ムッキムキどころか…。
 
ジャングルを抜け出して都会に舞い降りた主人公たーさん。
就職しちゃって、そこでちゃんとビジネスと向き合って。
でもそのビジネスの内容や発想に未来感があって、わくわくしながら読み進めてしまいました!
 
ジャングルからやってきたっていう原始的な要素と、
ビジネスに向き合うっていう現実的な要素と、
私たちの発想の、先の先の先を行く未来的な要素とが合わさって、
読みながら、いろんな時間軸を旅しているような気持ちにもなりました。
 
そ、し、て!
店主一押しだという、たーさんの「上から下から左右から、飛んだり跳ねたり泳いだり走ったり!」のシーン、私も好きでした。
なんてったって爽快!
「あ~ああ~」って叫びながら、街を一望できるなんて!
渋谷とか新宿のような大都会を、たーさんみたいに見下ろしてみたい!
子供の頃にドラえもんのタケコプターに憧れたけど、タケコプターで空を飛ぶよりもたーさんの空を飛ぶ技の方が今だったらほしいかも。
 
作者の朝倉世界一さん、上空から斜めに見下ろしたような俯瞰図の描き方が本当にいいですよね。
それが、たーさんの「あ~ああ~」の爽快感をより引き立てているというか。
1巻も2巻も帯をとったら、息をのむような美しい景色が広がっていて…。
この漫画を手にとる方には漫画を読み終わったら絶対に見てほしいなぁ!
たーさんはターザン。飛んだり跳ねたり自由自在。上空からの構図は、本当に気持ちがいい。

他のキャラクターたちも、か~な~り~個性的。みどころ満載です。
 

いか文庫 Profile
お店も商店も持たない「エア本屋」。本屋さんと組んでフェアを展開するなど、本に関わる分野で活動する【店主】と【バイトちゃん】2人組。このコラムは、2人の薦め合いで構成。



このページをシェアする

関連作品