現実も異世界も、艦隊も女子高生も!

ニュース・お知らせ

【第2回】やさしい雨 松崎克俊 コラム『無職転生~異世界行ったら本気だす~』



 
この文章を書いている現在、平成最後の夏コミ(夏開催のコミックマーケット)が終わり、平成最後の冬コミ(冬開催の以下略)を早くも心待ちにしているぐらい抜け殻です。コラム2回目にして早くも抜け殻です。
それ以外にも最近、仕事がうまくいかなかったり、予定してた仕事が急になくなったり、野菜が高かったり、コンビニに行ったら急な雨でビショビショになったり、良くない事が続いててメンタルがちょっと沈み気味なんですよ。
 
そんな中読んだ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』が予想以上に面白くて!
タイトルで分かるように、これはいわゆる「異世界転生もの」です。
 

異世界転生ものにも種類がありまして、個人的には
■主人公は現代社会で…死んでしまうor謎の光に包まれるなどの異変に巻き込まれる
■主人公は異世界に…そのままの姿で現れるor新しい命(赤ちゃん)として誕生する
■その異世界と言うのは…全く知らない世界orゲームか何かで見た事がある世界
で分類しているのですが、どれにも共通しているのが
「前世、もしくは現代社会で過ごしてた時の記憶がある」
って事なんです。その経験を元に子どもにしては知識が豊富だったり異世界では考えられないような技術を持ってたりして活躍する、というのが異世界転生ものの大まかな流れです。ホント大まかっすけどね!

 
無職転生~異世界行ったら本気だす~
 
で、このマンガは「主人公は現代社会で死んでしまい、異世界に赤ちゃんとして生まれ、全く知らない世界で一から人生をやり直す」パターンになります。
ただ、自分が「予想以上に面白い」と言ったのはですね、特に3巻から4巻にかけての急展開、そして7巻の親子の話。もうね、圧倒されました。

異世界転生もののイメージって、あくまでイメージなんですけど、主人公がチートでどんなピンチでも割りと苦も無くクリアしてしまう、みたいに思ってたんです。めちゃくちゃ偏見混じってて申し訳ないですけど。

が!どうにもならない状況に陥ってしまう3巻終盤!そしてメンタルに突き刺さる7巻!
キャラクターの生死がかかってる緊迫感もあり、元いた世界のトラウマも引きずりつつの、結構重めの展開になってます。
ただ、元々想像していたのほほんとした空気感パートも基本的には多くあるので、その点は安心!女性と接する時の元34歳ヒキオタニート感(奇しくも松崎と同い年)があるモノローグも共感できます!
 
気分が落ちてる時はポップな歌よりも重い歌を聴いた方が元気になるタイプの自分はこのマンガで元気貰ったので、また明日から元気に過ごします!そう言って、またマンガを読む松崎さんであった。
 
   松崎ココが好きっ!


自分が好きなキャラ・ギレーヌ。こういう筋肉キャラ大好き!


1巻での衝撃の告白。なかなか他のマンガではないですよコレ。


最初はとんでもない乱暴・おてんば娘だったのが…


巻を重ねるとこんな表情をするように。スバラシイ!
松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/お笑いコンビ・やさしい雨として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。

   バックナンバー


このページをシェアする

関連作品