現実も異世界も、艦隊も女子高生も!

ニュース・お知らせ

【第8回】やさしい雨 松崎克俊 コラム『漆葉さららは恋などしないっ』



『漆葉さららは恋などしないっ』は、『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』や『長門有希ちゃんの消失』を描いた、ぷよ先生によるラブコメディ!
…っていう紹介がね、無難というか、伝わりやすいんだろうなとは思うんですよ。
ただね、過去作を出す紹介のし方がね、「今」描いてるマンガに目を向けてない感じがして、自分はあんまり好きじゃないんですよ。実際そんなわけではないし、別に否定するわけじゃないんですけどね?実際自分もそういう紹介文を過去に絶対書いてますし!これが自分のこだわりの無さ。
 
なんですけど、今回に関しては冒頭のような文を敢えて書かせていただきたい!というのも、
■前2作があるからこその今作!

だと思うからなんですね。コメディを描き、ほんわかしつつも繊細な日常を描いてきたぷよ先生の、満を持してのオリジナル!
学園でも屈指の美人で優等生な漆葉さらら。彼女は異性に告白され断るという事を何度も続けた結果、「恋愛」に対して失望してしまっていた。ある日誰もいない教室で教卓を蹴ったり暴言吐いたりしてストレス発散していたところ、クラスメイトの心石くんに見られてしまう。弱みを握られた彼女が、放課後の呼び出しを受け何をされるのか…!?そこで彼は声をかけます。「漆葉さん、呪われてるよ」と。
 
漆葉さららは恋などしないっ
 
ん?んん??呪い?んん???
読んでる自分も漆葉さんと同じようなリアクションしちゃいましたが、そこから始まる恋の物語!
ただ、「まだ」恋がはじまっているとは言い難く、むしろ友情・家族愛などのハートフルな要素を、コメディを交えて描いてくれてる印象ですね。
ここからどうやって展開していくのかは分かりません。シリアスな方向に行くのか、コメディに振り切るのか、もしかしたら恋愛要素が全っ然出てこなくなる事も可能性としてはアリかなぁとか!
ただ、どう展開するにしても、前2作を経たぷよ先生なら大丈夫って思えるんですよね。うわ、自分めっちゃエラそうですね!すみません!でもそのぐらい好きなんですよ!
 
そして展開といえば、1巻ラスト!めちゃくちゃ良かった~!
呪いを解いたりするのではなくどう付き合っていくのかっていう展開は、そういう意図があるのかどうなのか分かりませんが、自分の嫌いな部分・コンプレックスとどう向き合って共存していくのか、みたいな事を考えさせられましたし、それを気にしない・良しとしてくれる人が周りにいて漆葉さんは幸せ者だねぇ…もっと幸せにおなり…と謎の保護者目線にもなってしまいますよ。

 
あと、何と言ってもキャラクターの表情が大好きなので、是非見てみてください!どうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
   松崎ココが好きっ!


すまし顔の漆葉さん。この2ページ後…


こうなります。


一番好きなデフォルト顔。


えっ!?心石くん、この顔反則じゃない!?
松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/お笑いコンビ・やさしい雨として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。

   バックナンバー








このページをシェアする

関連作品