KADOKAWAの無料漫画(マンガ)総合サイト

ニュース・お知らせ

【第18回】やさしい雨 松崎克俊 コラム『おとなのほうかご』



間もなくクリスマス!
クリスマスと聞いて、どうせ松崎みたいなモンは「リア充爆発しろ」的な事を思ってるんだろうなと思われてると思うんですが(「思う」って単語が3つも出てくる奇跡)、個人的にはクリスマスの華やかさとか街が浮き足立ってる感じとか、非常に好きなんですよ!

クリスマスプレゼントを貰ったりあげたりするのも好き。この時期のお笑いライブって「芸人からお客さんへのプレゼント企画」みたいなのが多いんですよ。その中でも自分はオススメのマンガをプレゼントする事が多いので、後々「あのマンガ面白かったです!」って言われると凄く嬉しいですね。自分もプレゼントは沢山のマンガが欲しいです、サンタさん!あとマンガの置き場所。
 
そんな今年のクリスマス、オススメしたいのは『おとなのほうかご』!
一話につき一組の男女が出てくる4ページ程のマンガで、おとな(と言っても学生も出てきます。少なくとも片方がおとな、という意味かと。)の「友達以上恋人未満」を描いております。

基本的には個性強めの残念美人な女性キャラに振り回され気味の男性キャラ、というギャグテイストの内容なのですが、時間が経って関係性や気持ちにちょっと、ほんのちょっと変化が訪れた時のキュンキュン具合ったら!もうたまらんのですよ!
 
『おとなのほうかご』

 
 例えば、自分の好きなカップリングの園田さん・三原くんの兄ペアのお話。
園田さんは、三原(兄)のストーカーです。向いのマンションから部屋の中の彼を観察してるだけだったのですが、彼に顔を認識されたり、喋るようになったり、彼にストーカーがいるらしいという情報を入手したり(自分の事だとは全く思ってない)するストーリー…ってこう書くとメチャクチャ怖い話だなコレ!
でも三原(兄)のどこか抜けてるキャラクターと、二人の関係性が進展(?)する度に変わる園田さんのリアクションで、凄く面白い事になっていくんです!
 
1話ずつが短いので読みやすいですし、4巻で完結してるので最近このマンガの存在を知ったという方にも薦めやすいですし、4巻のあとがきにイチヒ先生が書いてる事と重複しますが、物語が終わるというわけではなくこれからもこのキャラクター達はこの世界の日常をずっとこのペースで過ごしていくんだろうなぁと考えるとなんだか幸せな気持ちになるんです。
やっぱり自分はね、マンガの中でも幸せな世界が読みたいんですよ。カップルが楽しそうに過ごしているクリスマスに、楽しそうにイチャイチャしているキャラクターのマンガを家で読む。最高じゃないですか!
皆さんも自分のようにマンガで過ごすクリスマス、いかがでしょう?

 
 
   松崎ココが好きっ!


黙ってればカワイイ天野さん。とは言いつつ、喋っててもカワイイ


園田さん。それは「思われる」じゃなくて、もはや…ですよ


店長に恋する高木さんは、高校生から大学生に。カワイイキャラの赤面姿ってたまんないっすよね!


3巻の帯。「青春を留年した大人」って言葉がステキすぎる!
松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/お笑いコンビ・やさしい雨として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。

   バックナンバー

















このページをシェアする