KADOKAWAの無料漫画(マンガ)2144作品勢揃い

ニュース・お知らせ

【第21回】やさしい雨 松崎克俊 コラム『異世界おじさん』



『異世界おじさん』について語る前にまず言っておかなければならないのは、表紙に書いている「殆ど死んでいる」というのは作者さんのお名前だという事!
自分も最初「ん?サブタイトルかな?」って思ったんですが、単行本の背のよく作者さんの名前が書かれてるところに「殆ど死んでいる」ってあったので「あ、これはどうやら名前だぞ!」ってなりました。
そしてもう一つ!単行本の表紙に描かれている可愛らしい女の子いますね?彼女、あんまり出てきません!表紙詐欺と言われても仕方ないかもしれません、ですが!ですが安心してください!彼女、良い~はたらきをしておりますので!!

 
『異世界おじさん

 
この『異世界おじさん』、最近流行りの異世界転生物ではあるのですが、他のものと違うのは「異世界に行って、帰ってきたおじさんの話」というところ。まず着眼点の時点で面白い!
おじさんは17歳の時にトラックにはねられ、精神だけ異世界に飛ばされます。肉体はそのまま残り、昏睡状態のまま。そして17年の時が経ち、異世界から戻ってきたおじさんは現実でも意識を取り戻します。その17年の間におじさんに起こった出来事や、17年進んだ現代の生活に適応できないおじさんの戸惑いなんかがお話の軸になります。
…あれ?17歳の時から17年経ってるって事は、このおじさんって34歳?
…僕より年下?「おじさん」って呼ばれてるキャラが?
……ま、まぁ、メインキャラのたかふみ君の「叔父」だから「叔父さん」って呼ばれてる、って事にしとこう!うん!そしたら若干精神が安定するので!
 
退院したおじさんとたかふみ君は生活の為、おじさんの魔法を撮ってユーチューバーになるという発想も面白いし、ネットに慣れてないからコメントで煽られてムキになるおじさんも面白いし、おそらく作者さんの強い思い入れなのか特定のゲームメーカー愛が強いのも共感できて面白い!自分もどちらかと言うとSE●Aユーザーだったので。セ●サターンからのですが。この偏り具合がセリフやキャラのバックボーンに反映されてるのが面白いんです!偏りバンザイ!
 
そして前述の表視の女の子、通称「ツンデレエルフ」!彼女はおじさんと異世界で出会うのですが、「ツンデレ」という概念がオタクの間に浸透する前に異世界に行っちゃったおじさんにとってはこのエルフのやる事なす事全部「俺を嫌ってるから突っかかってくる」になっちゃう悲劇!でもその報われなさが愛おしい!
他にも異世界で出会ったメイベルに関してもそうだし、好意を持ってくれてる女性に対してのフラグの折りっぷりが、まぁ~見事!話を聞いてるたかふみ君も呆れっぱなし!
…とか言ってるけど、たかふみ!!お前もだぞ!!
1巻の最後の方に出てきた藤宮さんのあの感じ!アレ見たらお前もだからな!僕も数々の恋愛マンガ読んで恋愛アニメ観て恋愛ゲームやってきたから分かるんだよ!
 
というようにいろんな面白要素がてんこ盛りなので、皆さん何かしらの要素にハマれると思いますし、それが全部面白いと思えちゃったならもうドップリです。
これからも、幸せになって欲しいけどどこかで幸せになりきれないキャラクター達を見ていたいと思います!
 
   松崎ココが好きっ!


自分を嫌ってるエルフの事を語るおじさん。バカっ…それはっ…!おじさん…!


ツンデレエルフの左手薬指に指輪をはめようとしているおじさん。オイオイオイ!


17年のギャップに驚くおじさん。確かにそうだよね。


藤宮さんの分かりやすい態度に全然気づかないたかふみ君。なんだこの一族!フラグクラッシャーの血でも流れてんのか!
松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/お笑いコンビ・やさしい雨として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。

   バックナンバー




















このページをシェアする

関連作品