KADOKAWAの無料漫画(マンガ)2270作品勢揃い

ニュース・お知らせ

【第31回】やさしい雨 松崎克俊 コラム『戦闘員、派遣します!』



『この素晴らしい世界に祝福を!』の原作でもお馴染み、暁なつめ先生が同じく原作を務める『戦闘員、派遣します!』。
舞台は、悪の組織!主人公は、そこに所属する戦闘員!そして、地球征服目前!…と書くと格好よく聞こえるんだけど、実際はどこか胡散臭い、どうしようもない、残念な、クズっぽい(褒めてるからセーフ!)雰囲気。本当に強い組織ではあるんですけどね!(ナイスフォロー!)
そして地球以外に新たに惑星を支配する事になり、支配候補地の惑星の調査のため、戦闘員六号が派遣される事になる。というのが大まかなあらすじなんですが、この辺はぶっちゃけちゃんと把握できてなくても充分面白く読めると思います。
なぜならこのマンガの魅力は、どこか胡散臭い、どうしようもない、残念な、クズっぽい(褒めてるからセーフ!)キャラクター達によるところが大きいからです!

 
『戦闘員、派遣します!』

 
キャラクターひとりひとりの濃さがなかなかのものでして、特に主人公の戦闘員六号は、
■女性キャラと口論になった挙句、おっぱいをわしづかみにする
■初対面の大司教(女性)のスカートをめくり、紐パン丸出しにさせる
■滞在先の国の大事な物のパスワードを「おちんち○祭り」にする(マンガ内ではなんと伏字なし!)
と、上司の目の届かない所に派遣されたからか、やりたい放題!
また、おかしいのは主人公だけかと思いきや、
■出世欲の塊であり守銭奴な近衛騎士団隊長
■そんなに実験もせず転移装置を主人公に使う天才科学者(?)
■口が悪くて戦闘力が普通の少女並の高性能アンドロイド
と、胡散臭い、どうしようもない、残念な、クズっぽい(褒めてるからセーフ!)(コピペ)、一癖も二癖もあるキャラクターばかり!
せっかくキレイな絵柄でセクシーなシーンが結構あるにも関わらず、そこに目がいかない個性の強さはなかなかのもんです!
 
こんな感じでキャラクターの濃さを堪能したところで、改めて最初からもう一度読んでると、ストーリーの面白さに気付かされるのです。キャラクターが頭に入ってるのでね。
悪の組織の戦闘員が、征服するかもしれない星の一国の遊撃隊に入り、その国を攻めようとする魔族と戦う。つまり「悪」が「善」に入って「悪」と戦うという、設定が何重にもなってる構造が見えてきて、意外と(失礼)読みごたえあるじゃん!ってなるわけです。
もしかすると、もう二、三回読めばまた別の面白さが顔を出すかもしれません。セクシーなシーンでしっかりセクシーさを感じられたりとか、戦闘員六号が格好よく見えてきたりとか。
何度も繰り返し読めて、毎回新しい発見がある。そんなマンガ、最高じゃないですか?
 
最終的には感想も一周して「胡散臭い、どうしようもない、残念な、クズっぽいキャラばっかのマンガだな~!」に戻っちゃうかもしれませんけど。
 
   松崎ココが好きっ!


※主人公です


※主人公です


出会って数秒で大司教のスカートをめくる主人公。


やったー!褐色でセクシー衣装の魔族だー!

松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/お笑いコンビ・やさしい雨として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。
 
 
   バックナンバー

このページをシェアする

関連作品