2372作品の無料漫画(マンガ)が読める、知る、買える

ニュース・お知らせ

【第32回】やさしい雨 松崎克俊 コラム『ヤンキー君と白杖ガール』



今回紹介するマンガ『ヤンキー君と白杖ガール』の「白杖」って何の事だか知ってますか?
コレ、視覚障害を持った方が街中を歩く時などに地面に触れさせてる、あの杖の事なんですって!読み方も、「はくじょう」なんですって!「しらづえ」だと思ってました!何にも知らない!無知!
というわけでこのマンガは、最恐ヤンキーの黒川くんと、弱視の女子高生ユキコさんのラブコメなのです!
 
と、こう書いてしまうと、どうしても重い話を想像してしまう方もいるでしょう。確かにそういう部分もあります。
ですが、このマンガはあくまでラブ「コメ」!基本的には微笑ましく二人の仲を見守ってほっこりしようぜ!って思うのです。
なので、そういった部分を中心にご紹介しますね。

 
『ヤンキー君と白杖ガール』

 
まず個人的に伝えておきたいのは、ヤンキー君こと黒川くんの健気さ!
一応、街で近づく者は誰もいない、100戦無敗のヤンキー…なのですが、第1話の3ページ目でユキコさんに惚れちゃってからは、もはやただの顔にキズがある優しいイケメンです。
プレゼントを買うために働く(バイトする)事を決意して面接に落ちまくっても頑張ったり、弱視のユキコさんでも読めるように手紙も黒地に大きい白文字で書いたりしてるのを見ると、思わず過去にいろいろあってヤンキーというものにトラウマのある僕でも応援したくなっちゃいます!
 
んで一方の白杖ガールことユキコさんは、分かりやすく言うとツンデレって事になるのかな?ツンというかクールというか。
ただそれも、弱視である事によって「フツウ」の生活ができない事への諦めというかどこか達観してしまってる部分があって、そんな彼女がグイグイくる黒川くんに対して焦ったり赤面したり笑顔を見せたりしてくれるところを見ると「良かったねぇ~!幸せになりなねぇ~!」と、キャラ萌えとかそういうものではなく「見守る」視点で見てしまいますね!
あれ、それってもしかして自分の年齢も関係ある…?
 
そんな魅力のある2人。
好きな女性のためにいろいろ奮闘するヤンキー君。彼の姿を通して、実際に自分にもできる事があるかもしれないと、読んでる僕らに考えさせてくれるのです。
今まで当たり前のように不自由な思いをしてきた白杖ガール。彼女の姿を通して、実際の身の回りのちょっとした不親切に気付かせてくれるのです。
レンタルビデオ店の配置を変えた話なんてそんな優しさに包まれた話で、実際問題こういう事ができるのかどうかっていうのは難しいところもあると思いますが、自分に全く関係ない話じゃなくて意外と近いところにある問題なのかもしれない。そう思える第一歩を踏み出せるだけでも、このマンガを読んだ意味はあったのかな、なんて思います。
 
にしても、目がよく見えないからって顔をベタベタ触ってくるユキコさんは反則っすね…!
 
   松崎ココが好きっ!


最恐ヤンキー(のはず)、即オチの図。


ふくれっ面のユキコさん。シンプルカワイイ。


実際にブンなぐられます。


出た!数年に一度しか出ないというヘタクソな妹ビーム!

松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/お笑いコンビ・やさしい雨として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。
 
 
   バックナンバー

このページをシェアする

関連作品