KADOKAWAの無料漫画(マンガ)総合サイト

ニュース・お知らせ

【第52回】やさしい雨 松崎克俊 コラム『異種族レビュアーズ』



『異種族レビュアーズ』、TVアニメ化決定!
の報を聞いた時、リアルに「マジで!?」と声が出てしまいました。このマンガを!?2020年のオリンピックイヤーに!?TVで流す!?最高だなオイ!

タイトルにある異種族というのは、人間・エルフ・獣人・ゴーレムなどなど、いろんな種族がいる世界の事を表しています。
ではレビュアーズとは何か。読んで字の如くレビューをする人の事なんですが、何のレビューをするかですよね。なんとコレ、【エッチなお店】のレビューなんです!
つまりこのマンガは、「いろんな種族の男性が、いろんなエッチなお店でいろんな種族といろんな事をして、そのレビューを書く」という内容なんです!
どうだ!これが俺たちの愛する二次元世界だ!
 
 
『異種族レビュアーズ』

いろんな種族がいるから好みも様々で、例えば
【カワイイ見た目の500歳のエルフの女性】
に対して、
人間の男性…カワイイから良い!
エルフの男性…ババアじゃねーか!
となったり、
【太った50歳ぐらいの人間のおばさん】
に対しては
人間の男性…ドン引き
エルフの男性…若くて最高!
となったり。
それでどっちの感覚が正しいかハッキリさせよう!という事でいろんな人のレビューを集めた事からこのお話は始まるんですね。

他にも、
獣人がスライムのような粘液系は毛がゴワつくから苦手だったり
火竜(サラマンダー)は火の耐性がある種族としか触れ合えなかったり
その代わりにエッチな焼肉屋さんとしての側面があったり(昔あったと言われているノーパンしゃぶしゃぶ的な感じですかね…?)
ぶっ飛んだ発想の設定からの、理にかなったディティールの細かさが凄くリアリティあるんです!
いや、三次元の女性が苦手な自分は実際にそういうお店に行かないので、本当にそういうお店のリアルはさっぱりなんですけど。なんとなくそうなんだろうなぁっていうリアリティはあるという。いや~、面白い!

更に重要なのが、そんな天才的な内容の天原先生の原作を、masha先生の作画が魅力を増幅させているという事ですね!
めちゃくちゃ大変だと思うんですよ。毎回いろんな種族が出てくるから描き方も違うと思うし、妖怪の女の子など「グロ」の方向に見えてしまいそうなところを絵柄で「カワイイ」と思わせてくれるし、その上で元々の異端な見た目であるっていう部分は残してあるの、本当にスゴい。

他にも紹介したい「すげぇなコレ!」っていう部分はあるのですが、若干直接的な表現があるので自重しております。これがどうアニメになるのか、めちゃくちゃ楽しみですね!
ちなみに、以下に自重した部分の一例を書いておきますので、もし伏字になった部分があったら編集さんの良心が働いた結果だと思って頂けると幸いです。

ケンタウロスの女の子は●●●●●●●●●●●●●ので相手の男性を顔で判断しないとか、産卵ショーのお店は人魚の男のお客さんが多くたまにその半数が●●しすぎて●●●●しちゃって地獄絵図になるとか、どこで思いつくんでしょうか?スバラシイですね!
 
   松崎ココが好きっ!


謎の光が出るお店。謎の光…実在したのか!!(実在しません)


主人公たちが集まる酒場のウエイトレス・メイドリー。このマンガの良心。がんばれ!


ダメな大人たち。クリム君は素敵な仲間を持ったなぁ~


火竜のサラマンダー。顔とか状況とか「ぴぇぇぇ」とか全部カワイイなオイ!

松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/お笑いコンビ・やさしい雨として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。
 
 
   バックナンバー

このページをシェアする