KADOKAWAの無料漫画(マンガ)総合サイト

無料漫画読むならコミックウォーカー ComicWalker

ニュース・お知らせ

【第79回】やさしい雨 松崎克俊 コラム『影繰姫譚』


 
今回紹介するのは『影繰姫譚』というマンガです。2020年3月の時点で3巻まで出ているので、今まで知らなかった人も気軽に追えるぐらいではないでしょうか。
そんな『影繰姫譚』なのですが、
★忍装束の女の子が好き!
★苦悶に満ちた表情が好き!
★主人公が非日常的な世界に巻き込まれて、でもその世界で戦っていく事を決意する的なマンガが好き!
という方には特にオススメです!
3つめのやつに関しては読んで字の如くなんですが!
 
『影繰姫譚』
 
★忍装束の女の子が好き!
何といっても個人的ポイントはコレ!いわゆる「くのいち」ですよね。
自分はマンガやアニメやゲームに登場するくのいちのキャラクターが大好きでしてね~!それだけで好感度爆上がりなんですよ。
これは自分だけじゃないはず!現に自分の周りにも心当たりが二人いますし!

このマンガには忍者が多く出てくるので、当然くのいちも出てきます。
特に注目してほしいのは鏃真琴(やじり・まこと)、通称マコちゃん!
くのいちのキャラにはスタイルがいいタイプが多く、彼女もまた然り。
更に、彼女は忍者の一族(と言っていいのかな?)の「当主」!
それなりの地位にいる事への責任感やプレッシャー、また「当主」といっても「暫定当主」という立場でいる事への葛藤など、内面も相まってスバラシイです!

★苦悶に満ちた表情が好き!
苦悶というか、目のハイライトが無い感じとか、敵にやられてる時の感じが、凄く印象的なんですよ。
例えば、主人公の灯下肇(とのした・はじめ)は化物のようなものが影の中に見えてしまう体質で、発狂してもおかしくない状況に晒され続けた末の表情は、絶望してる様を凄くよく表現できていて、且つインパクトのあるものになっているんです。

特に注目してほしいのは鏃真琴(やじり・まこと)、通称マコちゃん!(本日二度目の登場)
彼女はその立場から攻撃される事が多く、また身体的なものでなく精神的な攻撃もされるので、
「彼女を幸せにしてあげてよ!」
って思う反面、
「こういう彼女をもう少し見てたいなぁ」
とも思わせてくれる絵柄の強さがあるんです。
またマコちゃんは、小さい女の子と折檻されるのが大好きという「残念」な子でもあり、その時の鼻血をダバダバ流す表情も最高!そこが彼女を愛おしく思える要素の一つでもあります。

★主人公が非日常的な世界に巻き込まれて、でもその世界で戦っていく事を決意する的なマンガが好き!
これはもうまんまです。今までの自分の殻を破って、救いたい人のために戦う、みたいな。
個人的な印象になるのですが、2000年前半あたりのアニメやマンガって、そういう内容のものが多かった気がするんですね。
シリアスなパートと日常パートの感じとかもその頃の雰囲気を思い出しますし、加えて戦闘シーンの格好良さ(特に影の描き方!)、お色気シーンの色っぽさがワクワク感を引き立たせてくれます!

苦悶の表情に関してはどうか分かりませんが、こうしてこのマンガの好きなところを書いていると、男の子の好きなものが詰まってるなぁと思いますね。
女の子と出会い、ピンチもありながら、仲間とともに乗り越えていく。そんなワクワク感を、キレイな絵柄で表現してくれて、自分の中にまだ少年の心が生きてたんだって感じさせてくれるマンガです!
 
   松崎ココが好きっ!


影の中にいた女の子・朔夜。実はすごい子。この描き方、凄く印象に残りません?


やったー!私服のマコちゃんだー!!


この牛肉の作画を見よ!!


やったー!しいたけ目のキャラだー!!また彼女もいい性格してるのよ!(いい子だとは言ってない)

松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/お笑いコンビ・やさしい雨として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。
 
 
   バックナンバー

このページをシェアする