2778作品の無料漫画(マンガ)が読める、知る、買える

ニュース・お知らせ

【第88回】やさしい雨 松崎克俊 コラム『多田依さんはホメられない!』


 
いつの間にかゴールデンウィークが終わってた! 
本当にずーーーーーっと休みだったからゴールデンウイークだという概念が無かったものと思われる!(実際にはこの文章を書いているのは 4 月後半なのですが、もうすぐゴールデンウィークという感覚がゼロな事には変わりありません) 
本当はコミケが開催されるのがゴールデンウィークの予定だったから、多分今ってゴールデンウィークなんだろうなぁ、ぐらいの感じ! 
従来の意識からの変革を求められてるような気がします! 

そんな中でも変わらないこのマンガ紹介。実家のような安心感を目指しております。 
今回は『多田依さんはホメられない!』!
 
 
『多田依さんはホメられない!』
 
「多田依」は「たたえ」と読みます。そう、「褒めたたえる」の「たたえ」です! 
他の登場人物も、 

多田依さんの同僚、三奈幸灯菜(みなこう・ていな)→皆、肯定な 
多田依さんの部下、朱七音なゆり(すなお・なゆり)→素直なゆり

と、名は体を表すパターン!(あと、部下の山下。) 
こういうの、ほんと好き。
 
内容は、ブラック企業の中でスパルタで仕事を教わってきた多田依さんが、働き方改革でホワイト企業になった会社内で自分がされてこなかった「ホメて伸ばす」教育をするために悪戦苦闘する、というもの。 
この悪戦苦闘っぷりがカワイイのよ! 
仕事ができて部下に厳しいキャリアウーマン的なキャラなのでカワイイって感じじゃないはずなんですけど、 
「メモに書かれてる手書きの文字カワイイね!」 
って伝えられずに悩んじゃう多田依さんは、そりゃカワイイの部類に入っちゃいます! 

その多田依さんを中心に物語が進む…と思いきや、なにやら様子がおかしいのです。 
多田依さんからなかなかホメられない、新人の朱七音なゆり。 
彼女がいろんな失敗をして、それを多田依さんがどう叱らずにフォローするのか…みたいな事が度々起こるのですが、その時の朱七音ちゃんが…何というか…イヤがってないというか…あ、もちろん失敗した事には落ち込んだりしてるんですが、叱られたことに対してはむしろ喜んでいるというか…

あっ!
「朱七音なゆり」→「素直なゆり」→「素直な…百合」!? 
百合!?えっ、そうなの!?!? 
この推理が合ってるのかどうかは分かりませんが、朱七音ちゃんは多田依さんを嫌ってはいないという事は確か! 
なるほど、シチュエーションやキャラクター単体の面白さがメインのマンガだと思ってたのですが、関係性の面白さもここにプラスされるとは! 
この展開にはやられましたね。 

冒頭に「変革を求められている」というような事を書きましたが、このマンガの主人公・多田依さんも意識や行動の変革を求められています。 
それができないのはやりたくないからではなく、どうしたらいいのか分からないしできないから。それでも表紙に描かれてるように口角を上げて頑張ろうとする姿は、現代に最も求められているものなんじゃないかと思うのです。 
だから、本当に「今」読んでほしいマンガです。 

(余談ですが、作者ののなかたま先生の事はこういう場ではなかなか言いづらい内容のマンガを描かれいてる方だと認識していたので、今後ちょっとしたそういうお色気シーンが果たして出てくるのかが個人的な見どころです)
 
   松崎ココが好きっ!


何も意識しないと厳しくなってしまう多田依さん。


ホメるのに慣れてなさ過ぎて声小っちゃくなっちゃう多田依さん。カワイイ。


やる気を出せば出すほどミスする朱七音ちゃん。そこに出そうな言葉を…


▲己の意思でブチ壊す…!


ピョコピョコ動く朱七音ちゃんのリボン。カワイイ。

松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/お笑いコンビ・やさしい雨として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。
 
 
   バックナンバー

このページをシェアする