2857作品の無料漫画(マンガ)が読める、知る、買える

無料漫画読むならコミックウォーカー ComicWalker

ニュース・お知らせ

【第92回】やさしい雨 松崎克俊 コラム『愚かな天使は悪魔と踊る』


 
今回のマンガは『愚かな天使は悪魔と踊る』!作者はアズマサワヨシ先生! 
人外だーー!!人外!!人外!! 
あっ、この人外っていうのはメインである天使と悪魔が人間ではないから言っているのであって、決して他のオトナなやつのアレを指してるワケじゃないんだからねっ!あやかし館!
 
『愚かな天使は悪魔と踊る
 
このマンガは、 
美少女の天使と結構イケメンな悪魔、どちらが相手をオトせるのか!? 
という、非モテ勢からすると「一生やってろ!」と血反吐を吐きちらして言わずにはいられないような、ただ両思いである事を確認し合ってないだけの二人のイチャイチャを、身体のパーツを色っぽく描く達人によって執筆された、「ありがとうございます!」な内容となっております!(表現には個人差があります) 

まぁ個人的なポイントを 3 つ挙げるとするならですね、まずは

■美麗な見た目に反してポンコツなキャラクター達!

天使のリリー、悪魔の阿久津はもちろん、一癖二癖あるキャラクターだらけなのも面白いのですが、その方向性がいろんな種類の「ポンコツ」に向かってるのがポイントです。 
例えば、阿久津の(悪魔としての)上司・リズ。 
彼女は一見メガネの似合う厳しくも色っぽい女上司!なのですが、コスプレが好きで自分の職務そっちのけになりがち。たまに人間界に来ては、「何しに来たんだろう…でもキレイだからいっか!」と読者に思わせる。あと、普通に自分が悪魔だって言っちゃう。 
それが彼女・リズ部長なのです! 

また、天使・リリーの素体である、リーリヤ。このマンガにおける素体というのをざっくり説明すると、使い魔とか召喚獣とか、何となくそんな感じです(天使の説明としてはかなり不適切)。 
彼女は見た目はクールだし、そもそも初登場時はかなり激しい戦闘を繰り広げたにも関わらず、その後は阿久津やリリーを弄って二人の関係性をつっつくキャラになっていきます。 …あれ?これポンコツか? 
まぁ、主人に対して行うと怒られるような事結構やってる、っていう意味でね!

■赤面するキャラクター達!

「キャラクター達」と書きましたが、大半はリリーですね。 
なんだこの赤面しまくりキャラは!読者の心にズキューンだわ!(表現ダサくてすみません)

皆の前では優等生の皮をかぶっててさ!実際は語尾に「~じゃ」がつくような偉そうな感じでいてさ! 
それなのに阿久津のちょっとした格好良さにドキドキ・キュンキュン・赤面し放題ですよ! 「阿久津に抱っこされる」ってだけで一話使うほどの、純情で、認めたくなくて、それでも惹かれているという気持ちがあらわれた赤面! 
「この赤面がスゴい!」ランキングの上位に入りそう。

■口唇!

口唇が!!色っぽい!!ツヤツヤで!!最高!! 
以上!! 
「この口唇がヤバい!」第一位!! 

と、絵柄中心に紹介してきましたが、ちゃんと内容の話をしますと、基本的にはシリアスになりそうな軸があるもののコメディパートが多めで、そんな中でもバトルシーンやリリーと阿久津の何かありそうなバックボーンを匂わせるシリアスの入り方が上手い!
特に 
コメディ→シリアス→甘々タイム
の方程式が見事だなぁと! 

凄く個人的な事なのですが、私松崎、先日コンビを解散しまして! 
ただ、こんな楽しいマンガ読んでたらしんみりする暇もなかったです!いいキャラクター達を、ありがとう!
 
 
   松崎ココが好きっ!


阿久津をオトそうとフワフワしてるリリー。阿久津とある意味似た者同士。


耳まで真っ赤なリリー。スバラシイですよこれは!


立ち振る舞いは美人上司なリズ部長。この見た目の良さからは残念さは読み取れないっすね…


▲阿久津のキラキラ無敵状態に「きゅん」なリリー。さいつよ。
 

松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/現在はピン芸人として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。
 
 
   バックナンバー

このページをシェアする