現実も異世界も、艦隊も女子高生も!

無料漫画読むならコミックウォーカー ComicWalker

ニュース・お知らせ

【第101回】松崎克俊 コラム『ギリギリ遮る片桐さん』


 
今回のマンガは『ギリギリ遮る片桐さん』というマンガでして、コミックウォーカーさんの作品ページに書かれてるあらすじを引用しますと、 
 

陽キャじゃなくても、乳が見たい!!!!! 
巨乳をめぐる新感覚ラブコメ!! 


との事。 

説明足りなさすぎるよ!! 
合ってるけど!! 

このように、終始ふざけたノリを真剣にやっているマンガ、それが『ギリギリ遮る片桐さん』なのです。
 
『ギリギリ遮る片桐さん』
 
とある高校に通う岡田くん。彼は、地味で冴えなくて、スクールカーストでも下の方に位置するいわゆる「陰キャ」。 
そんな彼の唯一の楽しみは、同じクラスの大木さんの胸をチラ見する事! 
何故なら!大木さんの!胸が!大きいから!仕方ないね!二次元なので!寛容な心で!
しかし、岡田くんと大木さんの間に立ち、チラ見をガードしている一人の女子がいました。 それが、タイトルにも書かれている片桐さんなのです! 
巨乳をめぐる、岡田くんと片桐さんの戦いが、始まる…! 

まぁそんな大げさな内容ではないんですけども、やってる本人たちはいたって真剣で。 岡田くんは、胸をチラ見する事に誇りを持ってて、スマホで撮ろうとするのはマナー違反だと憤慨したり、 
片桐さんは、どんなに離れた場所にいても岡田くんが大木さんの胸をチラ見する気配を感じて飛んできたり。どんな-センサーなのよ! 

そんな二人の周りには、これまた変なキャラクターが集まってきて、 

陸上をやってる片桐さんの妹
自分の胸を見てきた岡田くんをボコボコにする女ヤンキー 
おっぱいの神 
なんと岡田くんに告白してくるやべー後輩 

と、こう書くと片桐さんの妹がまとものように見えますけどそう言い切るのもどうかと思うぐらい、濃いキャラしかおりません。
あと、おっぱいの神も割とまともかな~
…おっぱいの神????

ただ、なんと言っても一番の衝撃は、1 巻の本編ラストの展開ですね。 
えーっ! 
いや、なんとなくどうなってるんだろうと思ってたけど! 
…ヤバっ! 
と、なるやつ。 
1 巻を最後まで読み終わって、改めて最初から読み直したら「これはホラーなのではないか」とすら思えてきますね。 

そんな、ホラー?ヒューマンドラマ?いいや。これはラブコメです!って部分を最後に紹介しましょう。 
…いや、よく考えたら「ラブ」要素あんまないな! 
岡田くんが大木さんをチラ見するのは恋愛感情どうのこうのっていうよりは思春期特有のものだし、 
片桐さんは自分が遮る事で岡田くんがガッカリする姿を見てよろこんでる(「喜ぶ)ではなく「悦ぶ」)し、 
片桐さんの妹は姉の百合展開を期待してるだけだし… 

そんな状況で、徐々に、本当に徐々に、お互いを異性として意識しだした(ような気がする)片桐さんと岡田くん。 
うん、やはりこれはれっきとした「ラブコメ」です。 
それも、「登場人物が全員自分の欲望に忠実なラブコメ」。 

これが「エロコメ」になってないのがポイントで、こういうテーマのマンガなら「エロ」方面に特化しがちなのですが、直接的なエロい描写は実はありません。「フェチ」的なシーンにとどまっています。
なので、「フェチ心をくすぐる純粋なラブコメ」。これが自分がこのマンガに抱いた印象です。 
こう書くと、人にオススメしやすいのではないでしょうか? 
さぁ皆さん、これからどんどん広めていきましょう!
 
   松崎ココが好きっ!


言い回しがめっちゃ好き。でも親は学費払ってるんやで…


夢にまで干渉しようとしてくる片桐さん。ここまで来るとちょっとしたホラーです


おっぱいの…神!?!?


▲よく言った!!!

松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/現在はピン芸人として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。
 
 
   バックナンバー

このページをシェアする