KADOKAWAの無料漫画(マンガ)3128作品勢揃い

無料漫画読むならコミックウォーカー ComicWalker

ニュース・お知らせ

『アンゴルモア 元寇合戦記』のたかぎ七彦先生が「元寇サミット」にゲスト参加! 「鷹島海底遺跡」の専門家と漫画を通して“元寇”を語る!


11月8日に「鷹島海底遺跡」で調査が始まって40年となることを記念した「元寇サミット」が長崎県松浦市にて開催され、トークショーとして『アンゴルモア 元寇合戦記』のたかぎ七彦先生と、同遺跡の調査に長年携わった水中考古学の専門家、池田榮史(よしふみ)琉球大教授、日本中世史の専門家対馬市出身の佐伯弘次・九州大大学院教授が漫画を通して“元寇”を語りました。
 
「鷹島海底遺跡」での研究は実際に『アンゴルモア』で資料として活用されており、両先生よりその再現性に高い評価がされ、たかぎ七彦先生も「てつほう」といったモンゴル兵の武器がどのように使われていたのかなど、専門的な質問がされ盛り上がりを見せました。
会場は満席となり立ち見も出るほどでしたが、漫画を通した解説は来場者にも分かり易いものとなりました。
(※感染予防のため会場は出入り口を常時開放。客席は総数の半分。)



その後、友田吉泰・松浦市長、比田勝尚喜・対馬市長、白川博一・壱岐市長が対談。
「交流宣言」に署名し、3市が連携して“元寇”の歴史を活かした地域づくりや観光を促進し、国内外に発信していくことが決められました。
今後さらに“元寇”が盛り上がることが期待されます!


   

このページをシェアする

関連作品