KADOKAWAの無料漫画(マンガ)3617作品勢揃い

無料漫画読むならコミックウォーカー ComicWalker

ニュース・お知らせ

【コラム】仙狐さんは言ってくれるのです。「存分に甘えるがよい!」と。『世話やきキツネの仙狐さん』

 
【第152回】松崎克俊 コラム『世話やきキツネの仙狐さん

2019年にアニメ化されて、その際に知った『世話やきキツネの仙狐さん』。
その破壊力はすさまじいもので、
「お、俺はこのままこのアニメを観ていたら人間としてダメになってしまうんじゃないか…!?」
と心配になるほどでした。
もうすでにダメ人間になってるよ、という意見からは一旦目を逸らさせてもらいますね。

だって、仙狐さんはいろんな手を使って
「そんなに働かなくてもよいのではないか?」
「充分頑張ったのだから休まないといけない」

というような事を囁きかけてくるのですよ。

自分に言われてるわけではない!これは登場人物の中野さんに言ってる言葉なんだ!

と分かっていても心が揺らぐのです。
その度に、

何も頑張ってない自分がそのまま休んでていいわけないよな…動かなきゃ…働かなきゃ…

そう自分に言い聞かせるのですが、そんな心配をする自分に、仙狐さんは言ってくれるのです。
「存分に甘えるがよい!」
と。
じゃあ、お言葉に甘えて甘えさせもらうしかないですよね!いや~~しょうがない!!
 
 
『世話やきキツネの仙狐さん』

ブラック企業に勤めるサラリーマン・中野(なかの)さん。その日も終電の時間まで残業で、疲れた状態で帰宅したところ、家の中には狐の耳としっぽがついている小さな女の子が!
仙狐(せんこ)と名乗る彼女は、神使(神の使者)のキツネで年齢はなんと800歳!
疲れきった中野さんのお世話をするため、癒すためにやってきたという仙狐さんの、甘やかし生活がはじまります!!

 

恥ずかしそうにしっぽをモフらせてくれる仙狐さんさすが800歳!!

▲ここだけ切り取るとかなり怪しいですね…

自分が感じたのは、1巻の巻末で
「のじゃロリ狐娘に甘やかされたい以外の感情が無い」
「のじゃロリに世話を焼かれる漫画が無い…生活必需品のハズなのに」

と作者のリムコロさんが言っているように、めっちゃ感情乗ってるな!!という事です。
やっぱり自分が描きたいものを描くのが一番だなと!
読んでる方にもその熱が伝わるんでしょうね、こういうのが読みたかったんだよ!の声が自分の周りでも多数聞かれました。需要と供給の一致。

 

▲仕事の合間にもふもふを接種した結果…

▲そんな事ある!?
 
実際にこんな事があったらな…
家に帰ったら仙狐さんが料理を作って待っててくれたらな…

と思いつつ、いや実際にそんな事はないって分かってるよ!?だから二次元で夢を見るんじゃん!!
という、二次元のフィクションだから描ける夢のような世界を、そのまま直球に表現してくれているのが、自分にとっての救いになっております。

そして、そんな仙狐さんに完全に甘える事なく、しっかり自分を持っている中野さんに好感を持ち、更に「自分とは違う…」と感じられるフィクションが心地いいのです。


 

▲帰宅してこんな娘がいたら最高ですね!

▲幼女(800歳)の「あーん」いただきましたぁ!!
 
アニメしか観ていないという方がいらっしゃったら、是非ともその後の物語や、キャラクター達が選んだ未来をこのマンガを読んで知ってもらえたら嬉しいです!
若干のハラハラ要素だったりはあるのですが、基本的には皆が幸せになる方向に向かっている様子は読んでて本当に救われた気持ちになるので!

 
松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/現在はピン芸人として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。
 
   バックナンバー

このページをシェアする

関連作品