KADOKAWAの無料漫画(マンガ)3759作品勢揃い

無料漫画読むならコミックウォーカー ComicWalker

ニュース・お知らせ

【コラム】エロよりも、ほっこり感で癒される『黒ギャルさんが来る!』

 
【第166回】松崎克俊 コラム『黒ギャルさんが来る!

今や、ギャルがメインヒロインとして出てくるマンガは特に珍しいものでもなくなってきています。ギャルのマンガがもはや定番と言ってもいいぐらいに浸透してきたのは、

ギャルはオタクの味方である
誰に対しても分け隔てなく接してくれるギャルは救い

という風潮が二次元界隈に広まってきた影響だと思います。三次元ではどうなのかは知らん!二次元ではギャルってそうなの!

今回紹介する『黒ギャルさんが来る!』も、タイトルで分かるようにギャルが登場します。ギャルが登場して、わちゃわちゃします。では、数あるギャルマンガの中で、このマンガが他とどう違うのでしょうか?
 
 
『黒ギャルさんが来る!


日々仕事に追われ人生に疲れ切ってしまった、サラリーマンの「黒田」。コンビニのイートインで食事をしていると、「愛月(あずき)」と名乗るギャルが突然絡んできます。
 

コンビニおにぎりをまともに開けられないぐらいしんどい日々。つら


いろいろあってそのギャルに今の悩みをぶちまけると、彼女はこう言ってきたのです。


「じゃあさ~ ウチのおっぱい揉んでみる?」


 

!?


何を言ってるんだとあしらうサラリーマンの手を取って、おもむろに自分の胸を実際に触らせます。
 

!?
!?


触らせるんかい!!

です。

男性の反応が面白くてからかって、でも実際に触っちゃったら顔真っ赤にして恥じらったりするんじゃないんかい!!

触らせるんかい!!

です。

衝撃でしたね。確かにギャルって、あっけらかんとしているイメージがありますよ?ありますけど、今のギャルはここまでおおらかなのか!とカルチャーショックを受けましたね。

あ、「今のギャルは」って実在の人物の事みたいに書きましたけど、あくまで「二次元の」ですからね。主観で書きすぎて説明不足になるあるある。


 

ギャルからこんなプリクラもらったらやばいっすね


このように、今までのギャルマンガでよくあった、ギャルと冴えない男性のラブコメというパターンとはちょっと違うのです。もっと言うと、「ラブ」要素がほぼゼロです。全くないわけではありません。ただ、ほぼゼロなんです。

 

ここから良い雰囲気に…
 

なりません!


黒田くんは愛月に絡まれた時に「世間的に見たらアウトだ」という倫理観も持ってますし、どちらかと言うとしつこく懐いて来る妹に絡まれているようなあしらい方をします。それに対して愛月は気にする事なく黒田くんを振り回しますし、事あるごとにバッタリ遭遇します。それによって、無気力だった黒田くんの生活に少しずつ充実感が増していく、でも恋愛感情はなし。

ラブコメのようなドキドキ感はないかもしれませんが、どちらかというと日常系のような安心感ほっこり感で癒されるのが、このマンガの特徴ではないかと思うのです。

だから、2巻の最後の方の展開が自分はすごく好きで、「こんな感じであっさり終わらせるんだ!」というのがこのマンガっぽくて素晴らしいと思ったのです。詳しくは単行本を読んでね。


また、いつむ先生の描く絵柄・デザインもほっこり感に拍車をかけていて、下品じゃないんですよ。胸の谷間を思いっきり出してるし、先述のように胸触らせるし、ブラジャーもガンガン見せるし、スカート短いからパンツやたら見えるし。でも、それがエロいというよりも、「またこの子ははしゃいじゃって…」と、黒田くんみたいに理解ある保護者のような感覚にさせてくれるのは、このキャラの見た目が大きいかなと思います。


 

ウケる!じゃないのよ下着めっちゃ出てるのよ


表情豊かな女の子の一挙手一投足に癒されるマンガです。いわゆるマンガやアニメが好きな男性向けではあると思うのですが、老若男女で楽しめる健全(?)なマンガだとも思うので、日常生活に疲れちゃってる黒田くんのような方に一回読んでもらいたいですね!

 

ここから

こうなって

こうきて

こうなるまで10コマ。表情豊か!
 

 
松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/現在はピン芸人として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。
 
   バックナンバー





このページをシェアする

関連作品