KADOKAWAの無料漫画(マンガ)3759作品勢揃い

無料漫画読むならコミックウォーカー ComicWalker

ニュース・お知らせ

【コラム】シモ方面に手厚い『10年間友達だと思ってた男の子に告白されるお話』

 
【第167回】松崎克俊 コラム『10年間友達だと思ってた男の子に告白されるお話

『10年間友達だと思ってた男の子に告白されるお話』

このタイトルだけ見ると、ほのぼのニヤニヤラブコメディなイメージが自分はしました。今までの関係が壊れてしまいそうでなかなかその一歩を踏み出せない、でもお互いに意識し合ってドキドキの毎日、そんな青春ラブコメ、いや、ほのぼのニヤニヤラブコメディなのかなーとぼんやり思っていました。

んで、実際読んでみた結果なんですが、自分が思ってたよりもシモ方面に手厚かったです!何せ、主人公の男子の名前が「絶倫太郎(ぜつ・りんたろう)」。最高です。
 
 
『10年間友達だと思ってた男の子に告白されるお話


この倫太郎がずっと好きだった女の子が、もう一人の主人公である「美市いの(うつくし・いの)」。名前全員最高。
 

女子から告白されたのに断ってしまう倫太郎。名前のインパクトすご
 

キャラ紹介の文字と同じタイミングでサラッと告白されるヒロイン


倫太郎がいのに告白して、そのまま付き合う…という展開には何故かならず、いのは

・このままだと負けた気がして悔しい
風呂上がりのバスタオル一枚だけ巻いた写真を送って苦しませようとする
・ニセ誘惑として下着をチラ見せする

という、なかなか突拍子もない方向に進んでしまいます。下着を見せたらそれはもうニセでもなんでもないただの誘惑なのよ…


 

何してんの??
 

何してんの????
 

そしてこの笑顔である
 

バカである


そして、それに対する倫太郎の答えは

「見抜きして良いか?」

となります。

あ、これどっちともバカだ!!バカップルとかそういう問題じゃない!バカ2人だ!!「見抜きって何?」って方は自分で調べてください!シモ方面だよとだけ言っておきます!


 

!?
この倫太郎の発言に、いのは…
 

なんでだよ


そう、これは付き合ってイチャイチャしているカップル=バカップルではなく、バカ2人が早くちゃんと付き合っちゃえばいいのにあーだこーだ言って何故か付き合ってない、実質カップルのような存在=バカップルを愛でるお話なのです!

何と言っても倫太郎の存在が特異すぎて、それがこのマンガの面白ポイントになっているのですが、

・割と何の脈絡もなく告白してきた
・付き合ってもないのにプロポーズしてきた
・いのにしか興味がないから友達がいない
・いのにしか興味が無いから趣味がない
・いのを守るために毎日腕立て・腹筋・背筋を一日千回やってる
・いのに誘惑されたらすぐ勃起する
・見抜きの許可を求めてくる
・許可されたら変な笑みを浮かべる

と、挙げればキリがないぐらいの化物エピソードの数々!


 

本人を前にして言う事じゃないのよ


そして、これらの行動に対してドキドキしてしまう、いののチョロさ! 自分の方が上に立っていると思ってしまう、いのの調子の乗り方! こういう、いのの言動このマンガの面白さに拍車をかけており、またツッコミ役も兼ねているので、変なキャラだらけではあるのですが非常に読みやすくなっております。

 

この調子に乗った顔、腹立ちますね
 

10年間友達だと思っていた事もあって、2人の関係性は遠慮を全くしない幼馴染みの関係そのもの。普通、友達以上恋人未満の関係性を描いたものって、友達:恋人の割合が大体3:7ぐらいだと思うのですが、このマンガに関しては7:3ぐらいになっていて、意外と今まで読んだ事がなかったように感じられます。

何気にすごく面白い視点でマンガが作られてて感心もするんですが、それ以上にバカな2人の掛け合いを堪能するのが、このマンガの楽しみ方だと思います!

ちなみに、単行本の帯には

「一途でピュアピュアな高校生ラブ!!」

と書いてまして、合ってはいるんですけど何故か釈然としない気持ちになりますね…

 

 
松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/現在はピン芸人として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。
 
   バックナンバー





このページをシェアする

関連作品