KADOKAWAの無料漫画(マンガ)4161作品勢揃い

無料漫画読むならコミックウォーカー ComicWalker

ニュース・お知らせ

【コラム】ブラコン気味のお姉ちゃん『姉なるもの』

 
【第171回】松崎克俊 コラム『姉なるもの

今回のお題は『姉なるもの』。

以前、このコラムのTwitter版のようなものをコミックウォーカーさんのアカウントでやらせていただいていた時にも紹介させていただきました(敬語が迷子)。

それがおよそ3年半前。3巻が出るちょっと前だったのですが、現在は5巻まで発売中。話も進み、物語の核心に触れているような、だけどその「気」になっているだけで実は全然触れてはいないような感覚の真っ只中で、

「おねショタ最高!」

を叫んでいるのが私・松崎です。
 
 
『姉なるもの
▼試し読みする
   

このマンガは、天涯孤独な「夕(ゆう)」くんという男の子と、彼の「お姉ちゃんがほしい」という願いから夕くんの姉となった【千の仔孕む森の黒山羊】こと「千夜(ちよ)」のお話。この【千の仔孕む森の黒山羊】というのは、神なのか悪魔なのか、とにかく人ならざる存在なわけです。

 

角が生えてて、首に目玉のようなものをかけている異形のものにこう聞かれ…
 

夕くんに「お姉ちゃんになってほしい」と言われ…
 

人間の女性の姿となった千夜。髪の毛かと思ったら触手ではありますが…
 

キャラクター等はクトゥルフ神話が元になっているらしいのですが、自分はその知識が全くなく、ただただ怪しい存在として認識しているのですが。

が。

とにかくこの
お姉ちゃんっぷりがたまらないわけです!


このお姉ちゃんは元々人間ではないので、人間の感覚を夕くんから教わりながら一緒に生活するのですが、その中のどこかでねじ曲がってしまったのか、「夕くんの邪魔をするものをすべてどうにかしようとする」
ブラコン気味のお姉ちゃんが完成してしまいます。
 
 

お姉ちゃんは人間の距離感が分からない
 

××の目になっちゃう夕くん。かわいい
 

※夕くんが服を汚して帰って来ただけです


「夕くんの邪魔をするもの」と書くと、例えば夕くんをいじめる意地悪な同級生とかを想像させてしまうかもしれませんが、違います。「夕くんを刺した蚊」とかです。夕くんが蚊に血を吸われたと知るや否や、その蚊を一瞬にして「ジュッ」としてしまいます。また、その痒みの成分を触手で吸い出そうとしたり、そういう事ができてしまう存在なのです。

 

蚊を「ジュッ」としたシーン
 

そんななんでもできるお姉ちゃんでも、生卵を電子レンジにかけると危ないと知らない等お茶目な部分もたくさんある事で、

「完璧なお姉ちゃんだけどできない事もある、それがあるからこその完璧なお姉ちゃん」

の完成です。おめでとうございます。

また、元ネタを知らない自分にとって、【千の仔孕む森の黒山羊】はおっぱいの大きい優しいお姉さんという認識になってしまいました。でもこのままでいいと思っている。

そんな存在に「お姉ちゃんがほしい」と言った夕くんが、もしかしたらこのマンガで一番普通じゃないのかもしれません。

心優しい夕くん。
辛い過去のある夕くん。
謙虚な夕くん。

そんな印象しか受けないのに、その純粋さが故にどこか狂気のようなものを感じてしまうのです。


 

触手、便利だなぁ
 

お掃除しなきゃ。ね。


普通じゃない存在と、普通じゃない人間が、姉弟として一緒に生活していて、またご近所さんもいるはずなのにほとんど出てこないような2人だけの世界。その雰囲気にミステリアスさや背徳感を感じながら、これからも粛々とおねショタを摂取させていただければと思います!


最後に。「おねショタ」とは言ってますが、夕くんは小さい男の子というわけではありません。中~高校生ぐらい?のかわいい男の子です。

こんなのショタじゃない!という人もいるかもしれませんが、このぐらいの年齢のキャラからしか摂取できない成分があるのです。ご理解ください。

 
松崎克俊Profile
1983年9月2日生まれ/福岡県出身/現在はピン芸人として活動中/太田プロダクション所属
アニメ・ゲーム・漫画が大好き。二次元女性キャラクターしか愛せないという名言もあり。
 
   バックナンバー





このページをシェアする

関連作品