KADOKAWAの無料漫画(マンガ)4096作品勢揃い

無料漫画読むならコミックウォーカー ComicWalker

ニュース・お知らせ

『罠ガール』第7巻が本日1月27日に発売! 罠猟は捕って終わりじゃない、その現場をリアルに描く

 シリーズ累計44万部を突破した、本格罠猟コミック『罠ガール』(著:緑山のぶひろ)の第7巻が本日1月27日(木)に発売された。電子書籍も同日発売で、定価は670円+税。
 
 ▲表紙はシカの毛皮なめしを体験しているワンシーン。
皮に残った肉や脂肪をそぎ落とす「せん打ち」という工程だ。
 
『罠ガール』の主人公は、18歳にして「わな猟免許」を所持する女子高生の朝比奈千代丸。鳥獣被害を止めるため、くくり罠・箱罠・囲い罠などを駆使して、園芸部の仲間たちと日々奮闘中だ。

狩猟・農業メディアからも大反響の本作、ここでは第7巻の内容と書店特典情報をお届けしていく。
 
   『罠ガール』を今すぐ読もう!

第7巻発売記念で「コミックウォーカー」にて
2月7日まで毎日更新で試し読み話数を増量中!


   第7巻の中身をチラ見せ!

第7巻では、自分でもできる捕獲鳥獣の利活用方法を学ぶため、千代丸たちがシカの毛皮なめしを体験する。初めてのことに四苦八苦するが、モフモフ毛皮はできるのか…?


まずは「せん打ち」。毛皮の裏側を削いでキレイにする作業だが、慣れないと難しい。

つづいて毛の汚れや余分な脂を取り除く「脱脂洗浄」。この作業も力のいる重労働だ。

▲ミョウバン水に付け込んだ毛皮を冷蔵庫で1週間ほど寝かせる。1日1回は皮を反転・撹拌する。

▲毛皮の繊維同士が膠着するのを引き剥がす「ストレッチ」。コマメに何度もやることが大事。

▲そのほかにも様々な工程を経て完成する毛皮なめし。果たしてみんなの出来栄えは……?
第7巻の後半では畑に出没した、シカに似ているが見慣れない動物の捕獲を目指すことに……。 ▲シカにしてはやや小型……この動物の正体はぜひ本編で確認を!

▲猟師である清水さんにも協力してもらって、くくり罠をしかける!

そのほか、罠ガールたちが「アドベンチャーワールド」を楽しく訪問するエピソードも収録! 猟師さんの数が減少し、日本全国で鳥獣被害が深刻化するなか、罠ガールたちは元気に明るく成長中。
物語の全貌はぜひコミックスで。『コミックウォーカー』の無料試し読みもぜひ!
   『罠ガール』第7巻の書店特典がコチラ!

 以下3点用意されているので好きな特典を入手しよう!

▲メロンブックス/描き下ろしイラストカード


三洋堂書店/カバーイラストのイラストカード 


COMIC ZIN/イラストカード

  ※累計部数は紙書籍・電子書籍の合算です。
  ※店舗特典はなくなり次第終了になります。配布方法は店舗によって異なる場合があります。一部店舗のみでの実施の場合がありますのでご了承ください。
  『罠ガール』第7巻、1月27日発売!



 

このページをシェアする

関連作品