現実も異世界も、艦隊も女子高生も!

ニュース・お知らせ

大河原邦男が新デザインした注目の「0号機」が登場する、『ザ・ブルー・ディスティニー』とは…?


1996年にバンダイ(現バンダイナムコエンターテインメント)より「ガンダム外伝」の道を切り拓いたセガサターン用の3Dアクションゲーム『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』が発売されてから20周年となる本年、コミック版『ザ・ブルー・ディスティニー』第1巻が2016年2月26日に発売される。

ザ・ブルー・ディスティニー』第1巻
2016年2月26日発売






コミック版『ザ・ブルー・ディスティニー』では、原典となる『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』で設定上だけ存在し、幻の機体とされていたブルーディスティニー1号機のプロトタイプである「ブルーディスティニー0号機」が登場し、これを大河原邦男がコミック版のために新たにデザインしたことで注目を集めている。


左が「ブルーディスティニー0号機」。大きなエアインテークや複数設置された排気ダクトなど、オーバーヒート対策と思しき改装が全身に施されているのが特徴だ。
ComicWalkerで公開中の第1・2話では、モビルスーツの出現によって「一年戦争」がどう流れていったのかをおさらいしつつ、主人公であるユウ・カジマがMS実験舞台「モルモット隊」に配属。そして、初の任務で戦場を敵味方関係なく蹂躙する謎のMS「ブルーディスティニー1号機」に遭遇するまでが描かれている。


試し読みはこちら!
月刊ガンダムエース4月号(2016年2月26日発売)の表紙にもなっています!
最新話はこちらをチェック!

ガンダムエース 28年4月号 No.164
2016年2月26日発売





 
©創通・サンライズ

このページをシェアする

関連作品