KADOKAWAの無料漫画(マンガ)1898作品勢揃い

社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった

社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった
2018/11/30 更新

第6話

【次回更新予定】2018/12/21

あらすじ・作品紹介

新卒でブラック企業に就職した社会人3年目のかすみは、30連勤目の深夜残業の休憩中、屋上で見た流れ星に「有給1日だけください」と願ったところ、不思議な光に包まれて……。気づいたらそこは「ホワイト製作所」の入社挨拶の場だった! ブラック企業の常識に染まったかすみは、ホワイト企業の文化になじめるのか!?

  • 粕森 美日月

    高卒社会人3年目の20歳。通称かすみ。新卒で入社した「ブラックシステム」の劣悪な労働環境こそが常識だと思い込んでおり、ホワイト製作所の厚待遇になかなかなじめない

  • 清川 いずみ

    大卒入社4年目の26歳。ホワイト製作所のプロパー社員で、かすみの教育係として暴走を優しく見守る

結城鹿介(原作)髭乃慎士(作画)
©Yuuki Shikanosuke/Higeno Shinshi

閉じる

バックナンバー

並べ替え

  • 第1話

  • 第2話

  • 第3話

  • 第5話

  • 第6話

コミックス 最新巻

一緒に読まれている作品