現実も異世界も、艦隊も女子高生も!

日の当たらない場所

日の当たらない場所
2017/06/14 更新

第9話

【次回更新予定】未定

あらすじ・作品紹介

小さな島に住む漁師の息子として生まれた寛也は、父の期待に反して生まれつき体が弱く、日光アレルギーだった。島民の粗暴な言動、観光客で賑わうビーチ、大音量で流れるFMラジオ……寛也は島から自分が拒否されているように感じていた。しかし、一方で、小麦色に焼けた同級生に憧れてもいた。特に、磯崎拓斗には──。「どうして俺はこんなに歪に生まれたんだろう」後ろ暗い欲望を隠し、島を出て15年。町おこしを企画するベンチャー企業を立ち上げた寛也の元に、一本の電話が入る。それは、忘れたくても忘れられない、初恋の男・拓斗の声だった。

  • 大島寛也

    日光アレルギー持ちのゲイ。野師島出身だが、島を出て町おこしのベンチャー企業をゲイの友人たちと立ち上げた。

  • 磯崎拓斗

    寛也の同級生。中学生の一時期、寛也と仲が良かったことがある。現在は、野師島の観光協会に勤めている。

たつもとみお(著者)
©Mio Tatsumoto

閉じる

バックナンバー

並べ替え

  • 第1話

  • 第5話

  • 第9話

コミックス 最新巻

  • 日の当たらない場所 1 表紙

    日の当たらない場所 1

    ストアを選択

  • 日の当たらない場所 2 表紙

    日の当たらない場所 2

    ストアを選択

関連書籍

  • 1/365の恋人

    1/365の恋人

    ストアを選択

一緒に読まれている作品